太陽光発電,価格,費用,補助金

補助金や価格などエントリー一覧

太陽光発電ってお金がかかりそう
太陽光発電って何だかお金がかかりそうですよね一体いくら位、費用がかかるのかちょっと気になるところです。でもご安心下さい、各種助成金もありますし、税金の優遇もありますし長い目で見たら、太陽光発電ってかなりお得なんですよ。
補助金制度
 太陽光発電システムを導入する際、国や地方自治体から、補助金がもらえるって、ご存知でしたか。 この補助金制度は、地球温暖化の防止に貢献する自然エネルギーを促進するための施策の一環として行われています。太陽光発電システムを普及、拡大させるため、以前から行われていましたが、2005年度にいったん終了していましたが、現在また復活した形です。国、地方自治体、それぞれに制度があります。 例えば、国による補助金だと、太陽電池出力1kWあたりで、7万円となっています。太陽光発電を住宅に設置する場合だと、工事費...
太陽光発電システム 費用対効果
 太陽光発電システムを設置すると、費用がかかります。興味はあるけれど、実際に設置して、本当にその費用分の元が取れるのか、という点が、やはりとても気になるのではないかと思います。 まず、太陽光発電システムを設置する費用として、新エネルギー財団の調べによると、住宅用太陽光発電の平均容量は3.59kW、平均価格は工事費を含めて1kWあたり69.6万円、とのことです。これらの数値から、平均的なシステム価格は、約250万円と推定されます。 ただし、この設置価格は、自宅の屋根材の種類、形状、面積、設置するk...
見積もりのポイント
 太陽光発電システムの設置を、いよいよ業者に依頼したとします。その際、実際に工事を施行する前に、その工事を含めてどれだけ費用がかかるのか、見積もりを取ることになります。この見積もりで確認する、とても大事なポイントがあります。 まず、見積もりの内訳に「機器費」「工事費」などが記載されているかを確認します。見積もりの詳細として、「機器費」では、太陽電池モジュールのメーカー・形式・単価・枚数、架台のメーカー・形式、インバータのメーカー・形式、アレイケーブルのメーカー・本数を確認しましょう。また、「工事...
余剰電力の買い取り制度
 太陽光発電システムでは、余った発電量を、電力会社に買い取ってもらう方法が進んでいます。家計が助かるだけなく、太陽光発電を設置するのに投資した初期費用の足しにもなることは間違いありません。 日本では、以前から、再生可能エネルギーに対する普及、促進への対策として、電力会社による自主的な買い取り、各地方自治体による助成などが行われてきました。そのため、太陽光発電では世界一の生産量や市場があったものの、現在では他国に抜かれ、国内市場も縮小する一方です。2009年1月、経済産業省が緊急提言により、補助金...
導入の初期費用
 太陽光発電システムは、地球の環境に優しく、省エネにも役立ちます。しかし、いざ設置するとなると、初期費用がどの程度かかるのかが、最も気になるのではないかと思います。 まず、太陽光発電に必要な設備として、太陽光を吸収して電気に変える「太陽電池モジュール」、その電気を集めて家庭用電気に変換する「パワーコンディショナ」、電気を配分する「分電盤」、電気の利用状況がわかる「買電売電メーター」があげられます。設置する建物が新築か既存か、屋根の形状や素材、発電容量などにより、かかる費用も異なります。 一方、一...
設置費用の回収期間
 太陽光発電をいざ、自宅に導入した場合に、かかった費用に対して、いったいどれくらいの年数でもとが取れるのか、設置費用を回収できるのかが、やっぱり気になる点ではないかと思います。 例えば、光熱費を電気とガスという家庭で、太陽光発電とオール電化住宅に切り替えたとします。まず、太陽光発電の導入によって通常、光熱費が1か月あたり約1万円、年間で約12万円が節約できると試算されています。太陽光発電の初期設置費用を約250万円と計算すると、約20年でもとが取れるということになります。しかし、ライフスタイル、...