太陽光発電,価格,費用,補助金

補助金制度

 太陽光発電システムを導入する際、国や地方自治体から、補助金がもらえるって、ご存知でしたか。

 この補助金制度は、地球温暖化の防止に貢献する自然エネルギーを促進するための施策の一環として行われています。太陽光発電システムを普及、拡大させるため、以前から行われていましたが、2005年度にいったん終了していましたが、現在また復活した形です。国、地方自治体、それぞれに制度があります。

 例えば、国による補助金だと、太陽電池出力1kWあたりで、7万円となっています。太陽光発電を住宅に設置する場合だと、工事費を含めた導入費用の約1割をまかなえる計算になります。一方、地方自治体による補助金は、都道府県や市町村によって、条件や受付開始、締切日が違います。

 ちなみに、国の制度は「平成21年度 住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金」といわれ、今からだと2010年1月29日まで、先着順で受け付けています。対象者は、自ら居住する住宅にシステムを設置する個人で、電灯契約をしている方、となっています。また、対象システムは、(1)太陽電池モジュールの変換効率が一定の数値を上回ること、(2)一定の品質・性能が確保され、設置後のサポート等がメーカー等によって確保されていること、(3)最大出力が10kW未満で、かつシステム価格が70万円(税抜)/kW以下であること、とあります。その上、都道府県別の受付窓口に、申請書類を提出します。

補助金制度関連エントリー