太陽光発電,価格,費用,補助金

見積もりのポイント

 太陽光発電システムの設置を、いよいよ業者に依頼したとします。その際、実際に工事を施行する前に、その工事を含めてどれだけ費用がかかるのか、見積もりを取ることになります。この見積もりで確認する、とても大事なポイントがあります。

 まず、見積もりの内訳に「機器費」「工事費」などが記載されているかを確認します。見積もりの詳細として、「機器費」では、太陽電池モジュールのメーカー・形式・単価・枚数、架台のメーカー・形式、インバータのメーカー・形式、アレイケーブルのメーカー・本数を確認しましょう。

また、「工事費」では、電気配線をはじめ、架台、太陽電池モジュール、モニターそれぞれの据付を確認します。さらに、施工検査立会費、各種申請手続費などがある場合もあります。

 次に、導入予定のシステム容量が明記されているかも重要です。太陽光発電システムは、発電パネルと架台、パワーコンディショナーから成り立っており、モジュールのメーカー・形式・単価・枚数から算出することができます。

 一方、スレートや瓦などの屋根材によって、価格が変わります。さらに、正式な見積書には、担当印、承認印などが押されているかもしっかり確認しましょう。

見積もりのポイント関連エントリー