太陽光発電,価格,費用,補助金

導入の初期費用

 太陽光発電システムは、地球の環境に優しく、省エネにも役立ちます。しかし、いざ設置するとなると、初期費用がどの程度かかるのかが、最も気になるのではないかと思います。

 まず、太陽光発電に必要な設備として、太陽光を吸収して電気に変える「太陽電池モジュール」、その電気を集めて家庭用電気に変換する「パワーコンディショナ」、電気を配分する「分電盤」、電気の利用状況がわかる「買電売電メーター」があげられます。設置する建物が新築か既存か、屋根の形状や素材、発電容量などにより、かかる費用も異なります。

 一方、一般家庭での年間の消費電気量は、平均約3,600kwとされています。太陽光発電システムが1kwにつき年間約1,000kwを発電できるため、発電容量は4kwが主流とされています。太陽光発電の1kwあたりの設置費用は約70万円とすると、約280万円の初期費用がかかることになります。ただし、ここ数年、国や地方自治体が太陽光発電システムの設置に対する補助金制度を導入しており、1kwあたり約60万円まで初期費用を抑えることが可能なので、この初期費用も約240万円ということになります。

 決して安くはありませんが、設置後のメリットを考えると、割高とばかりはいえず、条件によっても差が生じるため、インターネットで比較したり、業者に相談したりしてみることをおすすめします。

導入の初期費用関連エントリー