太陽光発電,価格,費用,補助金

太陽光発電住宅に住もうエントリー一覧

注文住宅の方はぜひ検討を
これから一戸建てを購入する方や、注文住宅で建てる方また、立て替えやリフォームを検討されている方はぜひ!ソーラーパネルも今はずいぶん安くなっているんですよ以前が参入している業者も少なく、太陽光発電は高いイメージがありましたが。
太陽光発電の電力はどのくらい?
今では扱う業者もかなり増えてきて、昔に比べると費用もかなりリーズナブルになってちょっとボーナスを使っちゃおうかな、位の勢いがあれば導入できるようです。オール電化のご家庭などは、太陽光発電の導入はかなりのメリットです太陽光発電の電力を全て家庭のエネルギーに使えるのですから、考えてみたら絶対に特ですよね
太陽光発電システム 家庭での利用方法
 太陽光発電を家庭で導入した場合、どういった利用ができるのでしょうか。一般的に、 太陽光エネルギーは、太陽の熱を集めて給湯や暖房に利用する「太陽熱利用」、太陽の光で電気をつくる「太陽光発電」の2つに分けられます。自宅の屋根などに太陽電池を設置し、太陽光を電気エネルギーに変えて発電します。照明機器や家電製品などにも使うことが可能です。 また、日中に電気を発電し、家庭で使って余った分を電力会社に売ることができます。買い取り単価は、通常に支払う電気代とほぼ同じです。逆に夜は、電力会社から電気を買って使...
太陽光発電システムのメリット
 太陽光発電システムを導入するメリットとして、主に3つあるといえます。 まず、太陽光発電の最大のメリットは、クリーンで枯渇しないことです。火力発電だと、石油を燃焼させて電気を起こすと、発電時に二酸化炭素(CO2)、硫黄酸化物(SOX)、窒素酸化物(NOX)などの大気汚染物質を発生させるからです。 また、設置場所を選びません。太陽光発電は、導入するシステムの規模に関係なく、発電効率が一定です。一般家庭から大規模施設まで、騒音や排出物もなく、日射量さえ確保できれば、それぞれに合ったシステムを設置する...
住居での導入事例
 太陽光発電システムを家庭で導入した場合、現在、主にどういったタイプで設置することができるのでしょうか。 まず、一般的によく見られるのが、屋根の上に置いた「屋根置型」でしょう。太陽電池は、建設時に載せることを想定して建てることも、また、後付けも可能です。ただ、まわりから見ると、いかにも太陽光パネル、といったような、とても目立つデザインになってしまいます。 そして最近、自宅などの建造時に、太陽光発電システムを一緒に設置するケースが増えています。例えば、屋根の瓦などと合わせ葺きできるのが「建材一体型...
手続きの流れ
 太陽光発電システムを導入すると決めたら、まずその申し込み方法から、実際に発電するまでをご説明します。 まず、自宅に設置可能かどうか、日照量がどれくらいなのか、電気の使用状況などを、業者に調べてもらいます。ほとんどが無料のようです。そして、発電量、費用対効果のシミュレーションをしてもらいます。その後、工事を含めた見積りが出され、補助金関係書類などが、依頼した業者から渡されます。 そして、国への補助金申請を行います。流れとしては、申請、受理、工事、工事完了報告と進み、申請から約4か月〜半年で、補助...
太陽光発電とオール電化住宅
 いざ、太陽光発電システムを導入したとします。そこで、別のエコシステムとの併用について、調べてみたいと思います。今回、ガス代をカットする「オール電化」を考えてみましょう。 太陽光発電にオール電化住宅、というと、必要なエネルギーをすべて、電力でまかなうだけでなく、太陽光から電力を生み出すことが可能です。太陽光発電で得た電気を有効活用することで、光熱費を大幅に抑え、さらに余った電気を電力会社に売ることもできます。その削減できる光熱費、年間で約80%ともいわれています。  また、住居をオール電化にする...
太陽光発電とエコキュート
 さらに、太陽光発電システムは、空気の熱でお湯を沸かす「エコキュート」と組み合わせることで、さらに光熱費を大幅削減できます。 太陽光発電は、日中にしっかりと発電します。発電しない夜に、エコキュートを活用することで、昼間より電気代が約70%も割安という夜間の電力を利用して、エコキュートでお湯を沸かします。これで、昼も夜も、お得に電気が活用できます。 しかも、このエコキュートを導入する際、国からの補助金制度があります。家庭ごとの二酸化炭素排出量は、どんどん増えているため、エコキュートは、家庭での給湯...
変換効率を上げる方法
 太陽光発電システムを導入すると、太陽光から電力に変換する効率を上げることで、発電量を増やし、電気代の節約にもつながります。ここでは、太陽光発電の効率を上げる方法をご説明します。太陽電池の特徴として、気温が低ければ低いほど発電効率が上がり、逆に、気温が高ければ高いほど発電効率が下がります。太陽光発電の基準気温は、25度とされています。もし10度、気温が上がれば、4%の気温を損失するとされています。時期的には、2月頃から春先にかけて、発電量が最も高くなります。一方、気温が高くなる夏になると、発電量...