太陽光発電,価格,費用,補助金

住居での導入事例

 太陽光発電システムを家庭で導入した場合、現在、主にどういったタイプで設置することができるのでしょうか。

 まず、一般的によく見られるのが、屋根の上に置いた「屋根置型」でしょう。太陽電池は、建設時に載せることを想定して建てることも、また、後付けも可能です。ただ、まわりから見ると、いかにも太陽光パネル、といったような、とても目立つデザインになってしまいます。

 そして最近、自宅などの建造時に、太陽光発電システムを一緒に設置するケースが増えています。例えば、屋根の瓦などと合わせ葺きできるのが「建材一体型」です。その瓦に対して、太陽光パネルの色調などもパッと見て違和感がなく、太陽電池が設置されているのがわからないほど、まわりの瓦にマッチします。

 一方で、「屋根材一体型」は、太陽光パネルを建物全体に調和するように設置するため、さらに太陽電池が目立たないデザインといえるでしょう。しかも、「建材型太陽電池モジュール」といった太陽電池に合わせた屋根材を使用することで、どんな屋根材と合わせることもでき、一般の屋根材と同じ働きで施工できるのもメリットです。さらに、建設デザインにマッチさせた「屋根建材型」というタイプもあります。

住居での導入事例関連エントリー