太陽光発電,価格,費用,補助金

太陽光発電システム 家庭での利用方法

 太陽光発電を家庭で導入した場合、どういった利用ができるのでしょうか。一般的に、 太陽光エネルギーは、太陽の熱を集めて給湯や暖房に利用する「太陽熱利用」、太陽の光で電気をつくる「太陽光発電」の2つに分けられます。自宅の屋根などに太陽電池を設置し、太陽光を電気エネルギーに変えて発電します。照明機器や家電製品などにも使うことが可能です。

 また、日中に電気を発電し、家庭で使って余った分を電力会社に売ることができます。買い取り単価は、通常に支払う電気代とほぼ同じです。逆に夜は、電力会社から電気を買って使います。電気の売買は自動的に行われます。一方、曇りや雨の日でも、太陽さえ出ていれば発電できますが、不足分の電気を電力会社から買って使うことも可能です。停電時には、パワーコンディショナの運転は停止しますが、自立運転機能付きを使用していれば、天気がいいと、ある程度の電気を使用することができます。

 太陽光発電を家庭で導入する場合、3kwシステムなら、55%程度はまかなえる計算です。一般的に、太陽電池モジュール、パワーコンディショナなどの機器を設置します。機器一式, 設置架台、電気・設置工事費等の費用がかかります。

 さらに、国や地方自治体によって、太陽光発電システムを支援するさまざまな制度があります。例えば、2008年度の補正予算で、1kWあたり7万円の設置補助制度が創設されました。加えて、20年ほどで元が取れるともいわれています。

太陽光発電システム 家庭での利用方法関連エントリー