太陽光発電,価格,費用,補助金

太陽光発電 世界の現状

 太陽光発電システムをめぐる世界各国での状況は、いったい現在、どうなっているのでしょうか。

 世界全体の太陽光発電の生産量は年々伸びています。2008年は、前年度比で86%の伸びがあり、それまで4〜6割程度の伸び率だったのと比べても、倍近い伸び率といえます。この理由は、スペインの市場での予想外の急拡大によるところが大きく、2009年はその反動、金融危機で縮小した後、2011年頃から再び拡大すると予想されています。

 さらに、太陽光発電の市場規模は、2020年に10兆円以上、2030年に約30兆円に達するともいわれています。ちなみに、年間の導入量では2008年、スペインが1位、ドイツが2位で、日本は3位から6位に転落したと推定されています。

 一方、2008年の世界市場における、太陽電池のセルを製造する国別の生産シェアは中国が26%を生産して1位、2位はドイツで19%、3位が日本の18%でドイツに抜かれて後退しています。さらに、4位に台湾、5位にアメリカ合衆国と続いています。

太陽光発電 世界の現状関連エントリー