太陽光発電,価格,費用,補助金

「宇宙太陽光発電」とは

 太陽光発電システムは、宇宙でも積極的に利用されようとしています。これを「宇宙太陽光発電」といい、宇宙空間にある太陽光発電衛星で太陽光発電を行い、その電力をマイクロ波やレーザー光に変換して地上の受信局に送り、地上で再び電力に変換する発電方法です。マイクロ波発電とも呼ばれています。宇宙空間では、地上での太陽光発電効率よりも約10倍とされ、この方法が現実になれば、24時間365日利用できることにもなります。

 その歴史は、1968年、アメリカのピーター・グレイザー博士によって初めて提唱されました。その後、オイルショックを契機として、1977〜1980年にNASA(米国航空宇宙局)とDoE(米国エネルギー省)が実用化に向けて構想、検討しましたが、財政の緊縮方針により凍結されました。

さらに、1990年代に入り、日本での研究活動が活発し始め、旧宇宙科学研究所(現宇宙航空研究開発機構)を中心とした1万kW規模の発電をする宇宙太陽光発電「SPS2000」、また同時期、旧通商産業省工業技術院のニューサンシャイン計画の一環として、100万kW規模の発電ができる宇宙太陽光発電の構想、検討が行われるなどしました。1990年代後半には、アメリカでの活動も再開し、NASAに対して数10億円程度の予算を付け、研究開発を開始しています。

 宇宙太陽光発電のメリットは、従来の発電方法に比べて発電量が多い、環境汚染を引き起こさない、資源の枯渇の心配がない、などがあげられます。一方、デメリットとして、エネルギーが強大なマイクロ波、レーザー光として地上に送信する経路は非常に危険で、受電設備がないと、生物の殺傷、人工物の破壊が起き、強力な兵器ともなることが懸念されています。

「宇宙太陽光発電」とは関連エントリー