太陽光発電,価格,費用,補助金

太陽光発電のシステムの種類

 太陽光発電のシステムには、現在、大きく2つの種類に分けられます。

 まず、独立型システムです。電力会社の電力系統、いわゆる送電線とは、完全に分離したシステムになります。そのため、電力会社とは関係なく、独自に発電して、それぞれ使用する仕組みです。

ただ、天気のいい日はそのまま使えますが、太陽光が少ない曇りや雨、夜間にシステムを稼動する場合、バッテリーや蓄電池にあらかじめ、電気を貯めておく必要があるのが、やや面倒です。そのためか、まだ一般的には普及しているとは言いがたいのが現状です。

 もう1つは、系統連系型システムと呼ばれるものです。これは、電力会社の電力系統である送電線と、太陽光パネルを連系、いわゆる接続をして、電気自体を売買できるようにするシステムです。このシステムのメリットは、発電量が自家使用を上回っている時間帯は、余った電気を電力会社に売ることができ、また、発電量が不足している時には、電力会社から電気を買うことができることにあります。

現在、私たちの生活の中でよく見かける住宅用太陽光発電システム、また、役所やオフィスなどの公共産業用太陽光発電システムは、ほとんどがこの方式となっています。

太陽光発電のシステムの種類関連エントリー