太陽光発電,価格,費用,補助金

メーカー比較

 太陽光発電システムの設置をいざ考え始めた時、ほとんどの人が、なにを基準にしてメーカーを選んだらいいのかわからないのではないでしょうか。まず、太陽光発電システムを取り扱うメーカーは、シャープ、三洋電機、京セラ、三菱電機が知られており、日本で生産される太陽電池の90%以上を占めているといわれています。それぞれ特徴があるので、あなたにピッタリのメーカーを選びましょう。

まず、太陽光発電を導入する際、1Wあたりの単価で、最もコストが安いのは、シャープです。しかも、パワーコンディショナに、昇圧機能付き接続箱が内蔵されているので、さらに昇圧ユニットや接続箱といったものを追加する必要がありません。

一方、寄棟屋根のような複雑な屋根にも合うのが、京セラです。京セラの「SAMURAI」シリーズは、まるで屋根を葺くかのように、小型の太陽電池を設置し、さまざまな形状の屋根にも隙間なく収まるので、外から見ても美しいデザインです。

 また、小さなスペースに設置できるのが、三菱電機です。限られたスペースを有効活用できるだけでなく、パワーコンディショナが最大97.5%という高い変換効率を誇ります。さらに、発電量を多くしたいなら、三洋電機がおすすめ。モジュールが他社より高価なものの、変換効率が高く、同じ面積でより多くの電気を発電することが可能です。

メーカー比較関連エントリー